廃車手続き方法【廃車クラブ】

廃車,手続き方法や費用のサイトです。事故車の廃車手続きなど、廃車手続きや方法など、困ったときは【廃車クラブ】

廃車クラブ

廃車手続きについて

廃車は突然にやってきます.....。

【廃車クラブ】は、突然の事故、突然廃車、廃車で損をしない為の廃車手続き情報サイト

廃車というと、車屋に廃車費用がかかると言われた事があるかと思いますが、実は、廃車予定の車を使用済み自動車として廃車買取り業者が買い取ってくれる事もあります。その場合は廃車費用はいりません。
廃車は突然で、業者に任せっぱなしの方も多いですが、少しの知識と手間で少なくとも1~4万円程の違いは出てきます。
私も、事故車を一括査定に出しましたが、廃車買取業者によっても買取価格は1万円は差がありました。
たとえ事故車であっても、希望を捨てずに、あせらず、冷静に、損をしないように廃車をしよう!!!
事故車、レッカー

廃車手続きの流れ

廃車手続きには、「永久抹消」と「一時抹消」の2つの手続きがあります。

永久抹消
その車を二度と使わない様に廃車手続きをする方法です。たとえば、事故で廃車になったり、乗り換えの場合は、この手続きになります。
一時抹消
車を一時的に乗らない場合に、自動車税を払わなくてよくするために行う廃車手続きです。

事故や乗り換えでの廃車の場合は永久抹消になります。その場合、使用済み自動車として(海外へ車の部品を持っていくため)買い取ってくれることもあります。ですから、廃車買取業者で見積もりをとりましょう。
私も、最初は車の板金屋に3~5万円くらいは、廃車料金がかかると言われていましたが、廃車業者で買取をしてもらい、逆に3万円で車を買い取ってもらいました。
 車検が残っている場合、自賠責保険や自動車税、重量税の還付も受けられます。
今はインターネットで一括査定の申し込みもできますので、一度試してみるといいでしょう。

廃車の方法、メリット、デメリット

1.知り合いの車屋さんや、板金屋さんへ依頼。

知合いの車屋さん板金屋さんへの依頼は、廃車費用は掛かりますが、安心感があります

板金屋さんや、車屋で自動車の廃車手続き等を頼むと、廃車代を請求される事がほとんどでしょう。事故車や、故障車で自走できない自動車の廃車手続きをする場合は、レッカー代などの費用も掛かります。普通車の廃車で約3万円ほどの費用がいります。

2.買取業者に引き取ってもらう。

お金が入金されるまでの不安がありますが、金銭的なメリットも多い

廃車買取業者では、電話とメール、郵便で、廃車手続きをする事になりますので、どうしても入金までの不安が残りますが、ただの廃車ではなく、使用済み自動車として買取をして貰えることも多く、メリットの多い廃車方法になります。

3.自分で廃車手続きを行う。

手間がかかるのがデメリット

自動車の廃車手続きをお金かけずにやりたい場合、自動車の廃車手続きを一度自分でやってみようと思う場合は、自分で自動車の廃車手続きを行う必要があります。自分で廃車手続きをする場合でも、解体屋さんなどで解体費用などで、一定の費用はどうしてもかかります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ


お勧めサイト

ユーザー車検

ユーザー車検の費用や方法など、ユーザー車検の情報サイトです。ユーザー車検の方法を知れば、車ライフを一層充実させる事ができます。

廃車について...

事故現場

このサイト【廃車クラブ】は、2010年の12月に私自身が突然の事故により車を廃車する事になってしまったことから作成した廃車専門情報サイトです。廃車時には、廃車業者の方が遠方で顔の見えないなどの理由からお金が入金されるか少々不安でしたが、特に問題もなく廃車手続きが完了して安心しています。初めての廃車となると、いろいろと不安があると思いますが、少しでもお得に廃車を行うためにも、廃車でお困りの方には、一度は一括査定に申込みをおこなうことをお勧めします。廃車一括査定などのサービスもありますから、利用してみるのもおすすめです。