所有権解除の方法【廃車クラブ】

所有権がある場合、廃車手続きができません。所有権解除書類を所有権先でもらいましょう。【廃車クラブ】

廃車クラブ

所有権解除の方法

自動車ローンで車を購入した場合などには、車の所有権が自動車の販売業者になっていたり、ローン会社になったままになっている場合があります。自動車の所有権が他人のままだと、自動車の名義変更や廃車手続きを行うことができません。

所有権解除書類の表紙委任状譲渡証明書印鑑証明
上記写真は、所有権解除書類をローン会社に請求した際、送ってきてくれた書類です

自動車ローンが残っている(残債がある)場合

問題なのは、自動車ローンが完済されていないと自動車の所有権解除はできない事です

たとえば、事故によりローンが残っている状態で、廃車にするには、ローンの残りを一括で支払うか、一旦ローン契約を解除し、オートローンではなく純粋に現金借り入れで再契約が必要となります。当然ながら、その際は、金利、返済回数、保証人は再設定となります。又、廃車する車の解体証明は必ず提出しなければなりません。

自動車ローンを完済している場合

所有権先の印鑑証明、委任状、譲渡証明書を取り寄せよう

所有権は、自動車ローンが完済しても、そのままの状態になっている方も多いと思います。私もローン会社の所有権がそのままになっていました。
自動車ローンを完済している場合に廃車を業者でしてもらうには、所有権先の印鑑証明、委任状、譲渡証明書の3点セットが必要になります。ローン会社の場合、連絡後、車検証をFAXすれば3点セットを郵送してもらえます。
自分で廃車をするのであれば、基本的に一度名義変更をしないといけませんが、業者に任せる場合は、廃車前に車屋名義に書き換える為その必要はありません。

※自分で所有権解除を行う場合は、名義変更手続きと同様になります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ